ドレスの費用>

向かい合う新郎新婦

結婚式といえば一生に一度の思い出になる大切な行事ですよね。
そしてやはり教会と言えばウェディングドレスです。
参列者にとっても楽しみなシーンの一つではないでしょうか。
参列者の印象に残るウェディングドレスの選び方をお話ししたいと思います。
まず色は白・オフホワイト・ベージュがありますが、やはり王道は白でしょう。
ラインはいろいろありますが、ご自身に一番似合うものを選んでください。
ここで一つ目のポイントですが、特に後姿を気にしてください。
長いベールや細かい刺繍などがきれいだと、それだけで印象に残ります。
ベールは少し値が張るかもしれませんが、ロングベールだとゴージャスな感じがしてより一層花嫁を引き立てます。

披露宴会場では、まずウェディングドレスで入場し、お色直しでカラードレスに変えると思います。
そおカラードレスですが、最近の主流はピンクです。
しかしその他にも赤や青、グリーンやオレンジと様々な色が用意されています。
会場を明るく見せてくれるにはオレンジですし、可愛らしいイメージはピンクです。
情熱的な赤に落ち着いた感じの青やグリーンがあります。
どのような披露宴にしたいのかイメージを頭の中で描いて決めるのもいいかもしれません。
ここで注意は、2枚の衣裳の形は全く違うものを選んでください。
そうすることで印象が変わり、参列者のイメージに残りやすくなります。
また、違う雰囲気の自分自身を皆さんに知ってもらうこともできます。