インターネットの活用>

ふたつのワイングラスとバラ

結婚式に出席する際、女性はドレスを着ていくことがほとんどですが、どう言ったものを着ていけばいいか分からないと言う人もいます。
まずは、ドレスの色を決めることが基本とされています。
結婚式で人気が高いと言われている服装のカラーはネイビーです。
上品で若い年齢の女性でも大人っぽく見えるので、年代を選ばず着られることから人気になっています。
ピンクのドレスも女性から高い人気を誇っていますが、ピンクと言っても色々あって、年齢に合わせた色味のものを選ぶことが大切です。
20代の方なら発色のいい明るめのピンクのもの、30代の型ならベージュピンクが無難です。
ベージュピンクは30代の方の肌になじみやすいと言われています。

結婚式に来ていくドレスの色は無数にありますが、着ていくのを避けた方がいい色もあります。
例えば、出席者は全身白のドレスは着ていかないことです。
白は花嫁の色だからです。
白のものを着ていくならば全身白にせずに、くつやかばんや羽織物に黒などの濃い色のものを合わせることが基本です。
大人っぽい雰囲気を出そうと黒のドレスを選ぶことも多いですが、全身黒で統一してしまうと喪服のような印象を与えることになります。
それは結婚式にはふさわしくないので避けましょう。
黒を着ていくならば、靴やかばんは白などの明るい色のものをチョイスするようにしましょう。
また、結婚式では肩出しなど露出が多いものは着ていかないことがマナーです。